週刊水曜日[Hatena Blog]

ブログのタイトルは「週間」ではなくて「週刊」なの。

祝“豊島大橋”供用開始、でも、バス路線はどうなるのか…

2008年11月16日の豊島大橋(愛称:アビ大橋)開通記念事前見学会に参加したので〝開通にともないバス路線が再編される〟という内容の中国新聞の記事も読んだ記憶があるので『実際どうなるのかな?』と思ってwebを巡ってたら、公共交通機関としてのバス利用が厳しくなりそう。

2008年11月18日 “はてなキーワード”に瀬戸内産交の項目に記入
両親の田舎なので自家用車に乗せられて上蒲刈島に、たまに行くのですが、以前、自分だけ先行して帰宅するのに瀬戸内産交のバスを利用したことがあったのですが〝島外からの旅行者とかに対して細かなところまで気がついていないな〟という印象を持ちました。

行きがかりで関連のありそうな言葉を“はてなキーワード”に登録することにしたものの、ウィキペディア(Wikipedia)ってスゴいなと感心しましたよ。
なので、“はてなキーワード”からウィキペディア(Wikipedia)の各項目に飛んでもらうためのフラグとして見ていただければというスタンスになりました。


関連記事
安芸灘とびしま海道のバス時刻表ようやくの更新
広島郊外バス可部営業所 へのコメント“まとめ”
豊島大橋(愛称:アビ大橋)開通記念事前見学会に参加
Copyright © 2008 shirusu All rights reserved.

バス路線の再編については↓のブログが“わかりやすい”と思いました。

広島郊外バス可部営業所(リンク切れ)
広島蒲刈線の今後
上蒲刈島の祖母のところにはバスの時刻表が配布されたらしいのですが、私は実物を見ていないので、状況がつかめずにいます。webでの“瀬戸内産交”の時刻表も更新されておらず呉市も観光の振興とか考えているのでしょうが、島外から来る人はバスを使わないと思っているのでしょうね。
豊島大橋開通記念事前見学会の時にもらったパンフレットを見かえしたのですが、“さんようバス”“瀬戸内産交”の電話番号が問い合わせ先として書いてあるだけでしたから。
初出:広島蒲刈線の今後へのコメント2008/11/22(土) 午後 10:43
豊島大橋開通後の全体像