週刊水曜日[Hatena Blog]

ブログのタイトルは「週間」ではなくて「週刊」なの。

富士通が“NIFTY”の売却をした場合“株式会社はてな”が買収可能なのか?

株式会社はてなが上場したとして資金調達しても何に使うのかわかりませんでした。なので、小の「はてな」が大「NIFTY」を飲む買収を想像してみることにしました。

本題

あれは 2014年2月ごろ、勤め先の勘定科目と数字が私の錆びた頭の中を駆け巡りすぎて収拾が付かなかった頃。
Googleの検索結果でたどり着いたミロク情報サービスのサイトの『はてな、上場準備でミロク情報サービスの財務会計システム「MJSLINK NX-I」を導入 はてなとミロクは「マニアックさ」がよく似てる!?』と言うタイトルに大爆笑しましたが、忙しいので精読しませんでした。
ITmediaの『はてなが上場目指しCFOを公募、年収最大1200万円 4社がサイトで幹部募集』という記事は読んでいたので、〝「はてなのミッション」は放棄しはてなユーザーを顧みず、大企業病が進んでいるだなぁ。
で、「株式会社はてな」が“公開会社でない株式会社”なのか“公開会社”なのか定款を見ていないのでわかりませんが、近藤淳也 (id:jkondo) さんは、株式証券取引所に上場することにより大企業気分をさらに味わいたいのか? さすが「へんな会社」〟と思ってうちに April Fools’ Day(エイプリルフール) が通過していきました。

オチ

ニフティの発行株式数 22,780,000 株(一単元=100株)、33.3%超 7,585,800 株
富士通の持ち分 …

と、考えていきましたが「株式会社はてな」に「ニフティ」の株式の 33.3% を超えるだけの企業価値があるのか?
デューデリジェンスするまでもなく、私ならば出資しないよななぁ。
ということで、終了


INTERNET Watch
富士通、ニフティの売却報道に「売却手続きに入った事実はない」とコメント
富士通
一部報道について
REUTERS
富士通はニフティ売却を検討、ネット接続の業界再編も=関係者